会社のブランド力とは何か?向上させる方法とは?

>

より良い会社にしていこう

社内からブランド力を浸透させよう

一般的にブランド力と聞くと、消費者に向けて外へ発信するものと考えがちですが、実は社内で実行して有効なものもあります。働いている従業員に企業や商品、サービスの理念や内容を浸透させておかなければ、お客様に自信を持って発信することができないからです。実際にお客様と接したり発信したりするのは従業員なので、社長や役員だけが把握しているだけでは無意味です。

方法としてはいくつかありますが、消費者の目に触れることはない社内資料などに各企業独自のロゴを入れることから始めてみましょう。長期的に考えると、ロゴ一つで自社に対する理解を深めることが可能となっていきます。社章などを作ってみても良いかもしれません。個人的には外部に発信するよりも内部を整えるほうが先決だと思います。

従業員規則で会社をアピール

従業員には、少しうっとうしく感じてしまうことの多い従業員規則ですが、使いかたによってはブランド力を向上させるために有効なものとなります。従業員規則にはその会社の与える印象の全てが詰まっているからです。規則を知ればその会社がどのような雰囲気であるかがイメージできると思います。仕事に厳しくストイックなイメージや、明るく楽しく自由なイメージなどその会社の印象や仕事に対する従業員のモチベーションなどをアピールできるチャンスでもあるのです。

商品やサービスが良ければ会社内部の雰囲気など関係ないと思われる方も多いですが、顧客には悪い印象よりも良い印象を持ってもらうほうが良いに決まっています。良い商品やサービスを行っている会社は多いので、一つでも顧客に選んでもらう要素を増やしておくことは大切なことではないでしょうか。


この記事をシェアする